人々の安心の元、保険を調べる|保険相談でかしこく保険選び

最も合った商品

保険相談で何ができるのか

最近、テレビのコマーシャルやインターネットの広告などで、保険相談についての情報を頻繁に目にするようになりました。 従来の保険窓口は、保険会社が自ら運営しており、自社の商品だけを取り扱っていました。一方、最近よく目にする保険相談は、保険代理店が複数の保険会社の商品を取り扱っているのが特徴で、20社以上のラインナップの中から保険を選択できます。 従来型の保険窓口では、一社の商品しか取り扱いがないため、比較検討の余地がありませんでした。そのため、お客様に合った保証の内容になっているかという観点に乏しく、ある商品の中から選ぶしかないというスタイルでした。その点、保険相談では、複数の商品を組み合わせて、本当に自分に合った保険を組み合わせて契約することができます。

実際の相談の流れについて

一般的な保険相談の流れは、保険制度の理解、家計診断、必要な保証の検討、保険商品の提案、契約締結となっています。 まず、具体的な保険商品の勧誘に入るのではなく、保険にはどのような種類があるのかといった基礎的な知識から教えてもらうことができます。 それを理解した上で、現状の家計や家族構成などの状況から判断して、どのような種類の保証がいくら必要なのか、設計をしていきます。 保障内容と保障額が決まれば、条件に合った具体的な保険商品の提案を受けられます。ここでは、複数の保険会社の商品を紹介されることが多く、類似した2〜3社の商品を比較することが多いようです。 提案を受けた商品の中で気に入るものがあれば、そのまめ引き続き契約することができます。