人々の安心の元、保険を調べる|保険相談でかしこく保険選び

必要な保険を知る

自分が加入している保険について考えよう

保険と言うのは将来自分や家族が病気になったり、死亡した後に遺された家族が生活に困らないようにするために加入します。保険の種類はたくさんあって、家族構成によっても必要保険が変わってきます。自分が入っている保険の内容について知らない人が多く、いざと言う時に困ったことになる場合もあります。死亡保険金は3000万円ぐらいが相場で、それに見合った保険に入る人が多いです。また、生活や家族構成が変わると保険見直しが必要になる場合もあります。結婚や出産などがきっかけで保険見直しをおこなうことが多く、掛け金なども変わってきます。なぜ保険見直しが必要かと言えば、年齢が上がると病気をする確率が上がり、入院などで働けなかったり長期の治療が必要になったりします。そんな時のための保険であり、家計を支えるだけの充分な金額が入るようにしておくと安心です。

保険見直しで保険料をカットできます

保険見直しをおこなう時に、最近ではファイナンシャルプランナーに相談する人が増えています。ファイナンシャルプランナーとは、家計のプロであり家族構成や人生設計で必要な金額を算出してアドバイスをしています。保険見直しもその対象であり、保険料に無駄がないかや今の保険でいざと言う時に充分な金額が入ってくるかなどを見てくれます。保険の掛け捨てなどは掛け金が安くて良いように思われがちですが、意外と損をしていることがあります。子供の教育資金を貯める学資保険などもありますが、トータルして考えて必要かどうかの判断をしなければならないです。保険見直しをすることで無駄に払っていた保険料をカットすることができて、家計に余裕が生まれます。